Skip to content

Softbankの通信障害バックアップスマホの必要性と格安SIMの回線まとめ。

 

こんにちは!
フリーランス動画クリエイターの木嶌優です!

昨日、Softbankの通信障害が発生し、
沢山の人が混乱する一幕が見られましたね。
皆様は大丈夫だったでしょうか!

僕はauの携帯とは別にバックアップ用に
Y!mobileのガラケーを使用しています。
Y!mobileはSoftbankの回線を使用しているため
今回はこのバックアップ機が
使用できなくなるという状態になりました。笑

今回はたまたまSoftbankの障害でしたが
これがauだったらと思うと
バックアップ機の存在はとても大きいな、、、と
思いました。

通信手段の障害は電話やメール、ライン、SNSへの影響以外にも
Apple payやGoogle payのようなモバイル電子マネーへの影響も
考えられますよね。
急に使用できなくなった場合はかなり危機的状況になるのではないでしょうか。

東京の方ではgoogle payを推す広告なんかも多く見られましたから。
今後は電子マネーが主流になっていく社会で
このような事象はかなりの影響を及ぼしたのではないかと思います。

サブスマホの必要性と可能性。

冒頭の方でも書いてますが、
この自体を受け、改めんてバックアップ機
サブ機と言われるスマホの必要性を実感することになりました。

最近では格安SIMのラインナップも充実してきており、
来年10月からは回線が大手3社のものと同じくらい安定することも
決まっており、今後通信端末市場の競争は激しくなっていく模様です。

月額1000円から3000円ほどでスマホが持てるので
仕事などで通信端末がないと本当に困る!
という方は1台持っておくといいかと思います。

主流格安SIMの通信回線。

僕はバックアップ機としてY!mobileの端末を使用していますが、
今回の騒動で通話が完全にできなくなってしまいました。

このように、格安SIMは大手の回線を借りて使用しているため
どのキャリアがどの回線を使用しているかをまとめて見ました。

他にも多くの事業者が見られますが、
以上が、主要なキャリアかと思われます。
今回のような事象への対策を考えると
メインで使っているキャリアとは別のキャリアの回線を使用している
格安SIMを使用する方がいいかと思います。

ポケットWi-Fiという選択肢。

格安SIMキャリアの端末はスペック的に目劣りするものがある
格安でもいいメインのスマホを考えるとスペック不足
なんていう声も聞こえてきそうなので
ここでもう一つの選択肢の提案なのですが、

今回の通信障害に関しては別にスマホを持つ必要はありません。

ポケットWi-Fiを一つ持っていれば打開できた事象です。
また、これに習って
テザリングという選択肢もあります。

サブのスマホはもしもの時の電話やメールなどの最低限の通信手段として
メインのスマホが破損して使えなくなった場合に使用するとし、
もしも、今回のような通信障害が起こった場合は、
テザリングを使用して、メインの通信手段を確立するなど
そういった使い方もできるかと思います。

まとめ

今回の事象でかなり困った方も多かったかと思います。
今や通信デバイスはその日の一日を左右する
キーデバイスになっています。

そんなスマホだからこそ、
バックアップとしてサブ機の可能性を考える
いい機会になったのではないかと思います。

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

最後までご熟読いただきありがとうございました!

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です